不妊治療には体を温めることが効果的ですか?

女性の不妊症の場合、その原因はさまざまですが、その中でも冷え性が原因という場合もあります。

ただ、冷え性そのものが原因というわけではありません。

冷え性が間接的に不妊症の原因になっていることがあるのです。

ここでは、冷え性と体を温めることの不妊治療における効果についてお話ししたいと思います。

どうして冷え性が不妊症の原因になるのですか?

体が冷えると、全身を巡っている血液も冷たくなってしまいます。

冷えた血液は子宮や卵巣にも行き届きます。

子宮では赤ちゃんが着床しやすいように、月に1回ふかふかのベッドにするために血液がたくさん使われます。

その血液が冷たいと子宮のベッドがふかふかにならないのです。

難しく言うと子宮内膜というのがベッドのことで、これが厚くならないと着床しにくいと言われています。

手足の冷えは子宮・卵巣の冷え

女性の方で、手足が異常に冷たい、夏でも冷たいという方がいると思います。

そういう手足の冷えが強い方は不妊症になりやすいと言われています。

もちろん冷え性の方が全員不妊症になるわけではありません。

手先や足先は末梢と言って、心臓から遠いところにあります。心臓の中では温かかった血液が、全身を巡るうちに冷えてきて手や足が冷えてしまうのです。

血液が全身を巡るということは、子宮や卵巣の血管にも同じ血液が循環しているということなので、手や足を温めることは子宮や卵巣を温めることにもつながるのです。

家でもできることを実践しよう

体を冷やしてしまう原因は、おしゃれのつもりで薄着をしていたり、体を冷やす食べ物や飲み物ばかり摂っていることが挙げられます。

少しかっこわるくても靴下をはいたり、冷たいサラダを温野菜にするなど工夫できるところはたくさんあります。

体を温めることは直接不妊治療になるとまではいきませんが、少なくとも妊娠しやすい体質になると言えるでしょう。

もちろん不妊症の原因がはっきりしている場合は、その治療もやらなければなりませんが、それと平行して体を温めることを心がけてはいかがでしょうか。

不妊治療中でも健康診断は受けたほうがいいですか?

不妊治療中の方で仕事をしている方だと、職場で健康診断があると思います。

主婦の方でも、市の健康診断を受ける機会はあると思います。

健康診断はその内容にもよりますが、身長・体重・血圧などの基本的な項目からレントゲンや心電図、血液検査などまでやる場合が多いでしょう。

そのような健康診断は、不妊治療中でも受けたほうがよいのでしょうか?

心電図や血液検査はやってもOK!

心電図や血液検査は、普段病院へ行かなければ受ける機会はないので、やっておくとよいでしょう。

血液検査は婦人科でやっている方も多いですが、婦人科で行う血液検査はたいていホルモンの値を見る程度のものなので、生活習慣病に関わる項目は調べていない場合が多いです。

中性脂肪や糖尿病の指標になる項目の数値が高いと妊娠した時にリスクが高いので、こうした健康診断でチェックしておくとよいでしょう。

レントゲンは生理周期を見て考えましょう

健康診断では、必ず問診票で妊娠の可能性があるかどうか書く項目があります。

生理が遅れていたり、基礎体温の高温期が14日間以上続いている時は、妊娠判定が出ていなくてもレントゲンは控えた方がよいです。

また、人工授精や体外授精などをしてから10日間くらい経過すると、受精卵が着床している可能性があるので、やはりレントゲンは撮らない方がよいでしょう。

少しでも妊娠の可能性があるときは、問診票に書いておくとよいです。

もし、間違ってレントゲンを撮ってしまっても、着床してまだ間もないうちは影響はほとんどないと言われています。

しかし、100%の保証はできないので控えた方が無難です。

婦人科検診は受けたほうがよいですか?

婦人科に通院していると、年に1回ほど内診をしたときに組織をとって子宮がん検診をついでにしてくれる病院も多いです。

ただ、乳がん検診は不妊治療で通院しているだけでは受けられないので、健康診断や人間ドックを利用するとよいでしょう。

不妊症の原因は、思わぬところで見つかることも多いので、せっかく健康診断を受ける機会があるならば、年に1度は受けた方がよいでしょう。

その時、不妊治療中であることを必ずしも伝える必要はありません。

もし、言いたくなければ妊娠の可能性の有無だけ伝えましょう。

不妊治療でセカンドオピニオンは必要ですか?

みなさんはセカンドオピニオンという言葉を知っていますか?

セカンドオピニオンとは、直訳すると「第二の意見」です。

例えば、A病院で「あなたは癌です。治療はもう手遅れです。」と言われたとしましょう。
その診断にどうしても納得がいかなくてB病院を受診したとします。そこでは「まだ手術できますが、完治は難しいです。」と言われたとしましょう。

このように1つの病院ではなく、複数の病院を受診してさまざまな医師の意見を聞くこと、それがセカンドオピニオンです。

不妊症は病気ではないですが、セカンドオピニオンの必要性はあるのでしょうか?

一般の婦人科と不妊専門クリニックの違い

もしかしたら不妊症かも、と思って最初に行ったのが一般の婦人科だとしたら、場合によってはセカンドオピニオンは必要です。

一般の婦人科医であれば、不妊治療の知識はある程度はもっていますが、専門的なことになるとお手上げということもあります。

検査してすぐに原因がわかるような不妊症であれば、セカンドオピニオンの必要はあまりないかもしれません。

しかし、原因不明の不妊症と診断された場合には、一度不妊専門クリニックを受診してみる価値はあると思います。

何度も同じ検査をすることになるデメリットもある

普通、最初に受診した婦人科でセカンドオピニオンを希望すると、そこで受けた検査のデータなどをもらえる場合があります。

しかし、次に行った婦人科でまた再検査することはよくあります。

卵管造影検査や卵管通気検査などは、医師が自ら検査を行って診断をつけることがほとんどです。

そのため、いろいろな病院に行くたびに痛い思いをして検査を受ける可能性があるので、そのつもりでいたほうがよいでしょう。

何といっても医師との信頼関係が一番!

不妊治療において大切なことは、どれだけその医師を信頼して治療するかです。

少しでも不信感があると、治療に積極的になれなかったり、治療の1つ1つに疑問を抱いてしまいます。

不妊治療の実績はもちろん病院選びをする上で重要ですが、医師との相性も考えたほうがよいでしょう。

また、ステップアップをすぐにすすめる病院が必ずしも悪い病院とは言えません。

医師はただお金儲けのために高額な治療をさせようとしているのではなく、患者さんの年齢や不妊症の原因を考えて適切な治療をすすめているのです。

セカンドオピニオンを受けて、最終的にどの病院にするかは夫婦の判断に任せられます。

自分が納得のいく治療、医師との信頼関係が築ける病院は、必ず見つかると思います。

不妊治療をするのに貯金がないとダメですか?

不妊治療は、保険が利く場合とそうでない場合があります。
保険が利かない治療は、自費での治療となるのです。

私たちは健康保険があるおかげで、風邪などで病院へかかった場合、実際にかかった医療費の3割を支払うだけで済みます。

ところが、不妊治療は自費になるので3割のところを10割全額支払うわけですから、かなりの高額になります。

経済的な問題で不妊治療を諦めなければならないのは、とても悔しいと思います。

ここでは、不妊治療をする上での賢い貯金の方法についてお話しします。

専用の口座を作るのがおすすめ!

銀行の口座を複数持っている方は多いと思います。

その中に、ほとんどお金を出し入れしていない口座はありませんか?

そうした口座を不妊治療費を貯金するための口座にすると、効率よく貯まります。

不妊治療は、普段の生活費とは別にして給料が入ったらそこから無理のない程度の金額を預金するとよいでしょう。

夫婦共通の口座で貯める

結婚した時に、夫婦共通の口座を作った方もいらっしゃると思います。
その場合、夫にも協力してもらって2人で貯めてはいかがでしょうか?

1人で貯めるより2人で貯めた方が、たくさん貯金できるのは目に見えています。

不妊症は、夫婦どちらかに原因があったとしても、どのどちらかだけに負担をかけることは良くありません。

子どもがほしいかどうかは夫婦2人の問題です。

計画的に貯金をして、不妊治療をすすめていくことが大切です。

貯金の金額によってステップを決めてもよい

ある程度貯金が貯まったら、体外授精などの高度な生殖医療を行ってみてもよいでしょう。

ただし、それは医師の判断が必要なことなので、お金があればすぐ体外授精とはならないことがほとんどです。

1回体外授精をしてみたけどダメだった場合、また1から貯金をしなければなりません。

貯金をしている間は、また人工授精などの高額ではない不妊治療を受けていてもよいでしょう。

ステップダウンすることは意味がないと思う方もいますが、実際そうとは限りません。
顕微授精でダメでも、体外授精にステップダウンしたら妊娠したという場合もあります。

貯金がないと不妊治療はできないわけではありませんが、治療に限りが出てきてしまうことは事実です。

少しずつでも貯金をして、いつでも体外授精以上の治療に踏み切れるように準備できると望ましいと思います。

不妊治療をしているときの妊娠判定はどのようにしますか?

不妊治療の中で一番ドキドキするのが妊娠判定のときではないでしょうか。

妊娠検査薬を使えば、自宅でも妊娠しているかどうかある程度判定できますが、きちんと婦人科で判定してもらうのが一番です。

今回は、不妊治療をしている場合の妊娠判定のしかたについて説明します。

妊娠検査薬は参考程度で!

通常、基礎体温の高温期が2週間以上続くと、妊娠の可能性があると言われています。

自宅で妊娠検査薬を試すなら、生理予定日の1週間後から使えるタイプが主流です。

ただし、妊娠検査薬はあくまで妊娠しているかどうかの目安なので、これだけで判断しては危険です。

高温期の数え方が間違っていたり、単に排卵が遅れていたりという場合も考えられるので、陰性だからといってがっかりすることはありません。

hCG注射を打っている場合は注意!

不妊治療でhCG注射を打っている場合は、妊娠検査薬を試すと妊娠していなくても陽性が出る場合があります。

hCGは妊娠した時に出るホルモンで、妊娠検査薬は尿の中のhCGに反応して判定が出るからです。

hCG注射を打ったら、長い方だと10日間〜2週間くらいhCGが尿の中から出る場合もあります。

そのため、自宅で妊娠検査薬を試して陽性が出たからと言って喜ぶのはまだ早いのです。

妊娠判定は必ず病院で受けましょう

不妊治療で通院していると、その周期の最後の通院日に、「だいたい高温期が21日間続いたら病院へ来て下さい」と言われるのが一般的です。

病院での妊娠判定は、妊娠検査薬の他に膣にエコーを入れて、きちんと子宮の中に赤ちゃんがいるかどうか確認します。

子宮以外で妊娠した場合は子宮外妊娠となり、手術が必要です。

また、21日間待たずに早く病院へ行ってしまうと、まだ子宮の中に何も見えず、流産の可能性など逆に不安になるようなことを言われることも多いです。

妊娠判定で病院へ行くのは早すぎても遅すぎても危険です。

早く妊娠しているかどうか確認したい気持ちはもちろんわかりますが、きちんと医師の指示通りに受診することが大切です。

不妊治療が辛くて他人を妬んでしまうときはどうすればいいですか?

不妊治療をしていると、辛いことはたくさんあります。

自分と他人を比べてもしかたないとは頭ではわかっていても、比べて悲観的になったり、他人を妬んでしまう方もいると思います。

でも、そういうあなたは悪い人間なんかではありません。

真面目で自分に厳しい人ほど、他人と比べてしまいがちです。

ではそのようなとき、どうすれば上手く気持ちを切り替えることができるのでしょうか?

周りが自分の子どもの話をしていたら

女性が多い職場では、みんな自分の子どもの話ばかりしていることが多いのではないでしょうか。

周りの子どもの話を聞くたびに、「どうして自分には子どもができないのだろう」と他人と比べて悲観的になる必要はありません。

考え方を変えてみましょう。

悪く言ってしまえば、子どもの話ばかりする人は自分の話が何もないということです。

旅行へ行ったり、友達とお酒を飲みに行ったり、子どもがいるとなかなかできないことがたくさんあります。

子どもがいる分楽しいことはもちろん多いとは思いますが、自分の時間がもてない方が多いのです。

人は無いものねだりなところがあるのでしょう。

周りが子どもの話をしていたら、上手く聞き流してしまえばいいのです。

男性不妊で夫を妬んでしまうときは?

男性不妊でも、通院しなければならないのは圧倒的に女性が多いです。

こうした場合、「何で私には原因がないのに、私ばかり辛い思いをしなきゃいけないの?」と、思うときがあるでしょう。

でも、男性不妊にはストレスが大きく関係しています。

あなたがそのように夫を責めてしまっては、男性不妊はなかなか治りません。

もちろん男性不妊の原因はストレスだけではなく、タバコなどの生活習慣が関係しています。

日々の生活を支え合うのが夫婦ではないでしょうか。

夫を妬んでも、それを八つ当たりするのは良くありません。
友達や親など、不妊治療に理解ある方に話してみてはいかがでしょうか。

また、インターネットのブログなどに愚痴を書いたっていいのです。

お互い傷つけ合うことなく、治療を続けられることが一番良いことです。

不妊治療に良い飲み物はありますか?

不妊治療をしていると、雑誌やインターネットなどで「不妊症に効く○○」というようなキャッチコピーのものを見たことがある方も多いでしょう。

そういった不妊に効く食べ物や飲み物を、だまされたと思って試してみることは悪いことではありません。

では、今回は食べ物よりも手軽に摂取できる飲み物を取り上げて、実際に不妊治療に効果があるのか、科学的に証明されているかなどお話ししたいと思います。

不妊治療に良い飲み物ってどんなもの?

不妊治療には、いくつか効果があるという飲み物がありますが、今回はその中でも有名な2つの飲み物について紹介します。

まずはルイボスティーです。
ルイボスティーは紅茶の一種で、ファミリーレストランのドリンクバーでも見かけることがあります。

普通の紅茶と比べると若干クセはありますが、とても飲みやすいです。

ルイボスティーには、冷え性を治す効果や亜鉛などのミネラルを多く含んでいて、ホルモンバランスを整えてくれる効果があると言われています。

直接不妊治療に効果があるわけではありませんが、ルイボスティーを飲むことで体質改善されることはあるようです。

次に、梅酢をご紹介したいと思います。
梅酢には、着床を促してくれる効果があると言われています。

実際の研究では、複数の女性に少量の梅酢を毎日飲んでもらったところ、その後に行った体外授精でかなりの割合で妊娠したというデータがあります。

ただし、この研究はごく最近行われたものなので、本当に効果があるのかは今後の研究で立証されていくと思います。

結局は個人差がある!

不妊治療に効くと言われる飲み物をどんなに飲んでも妊娠しない人もいれば、1ヶ月飲んだだけで妊娠する人もいます。

単純にこれを飲んだから妊娠したと言うのは、妊娠した後から言えることであって、本当にその飲み物のおかげだったのかどうかは調べようがありません。

インターネットの掲示板などで「私はこれを飲んだら妊娠しました」というような書き込みがわかりやすい例だと思います。

結局は、効果には個人差があるとしか言いようがありませんが、ルイボスティーや梅酢が栄養的にも科学的にも不妊治療に効果があることは間違いではありません。

手軽に手に入るので、気休め程度に一度試してみてはいかがでしょうか?

不妊治療をしている患者数はどれくらいですか?

近年日本では晩婚化がすすみ、それにともなって女性の平均初産年齢もついに30歳を超えました。

女性は、年齢を重ねるにつれて妊娠しにくくなります。

では実際、日本で不妊治療をしている方はどれくらいいるのでしょうか?

不妊治療をしている患者は年々増えている

先ほども言いましたが、女性は年齢が上がるにつれて妊娠しづらくなり、それにつれていわゆる不妊症といわれる方も多くなっていきます。

昔だったら子どもを産めない女性は「うまずめ(石女)」と言われ、嫁ぎ先で悪口を言われたりしたものです。

しかし、今は不妊治療が発達したおかげでそういったことも少なくなり、石女という言葉も死語になりつつあります。

昔は不妊症の方がどれくらいいるのかを統計でとることもしませんでしたが、今では数年おきに不妊治療をしている方の統計をとっています。

具体的な数字で言うと、平成14年に厚生労働省が行った統計では不妊治療をしている患者数の合計は推計で46万人を超えています。

これは、平成11年の時点では推計28万人だったことを考えると、たった3年で爆発的に増えていることがわかります。

体外授精や顕微授精をしている人はどれくらいいますか?

平成16年の厚生労働省の統計によると、体外授精を行った患者数は約4万9千人います。同じく顕微授精は、2万9千人です。

その治療の結果、産まれた赤ちゃんの数は体外授精で1万8千人います。

つまり、体外授精を行った方のうち、約4割の方が妊娠し無事に出産しているということになります。

不妊治療の患者数はこれからも増え続ける!

日本の晩婚化がすすむ以上、不妊治療をする患者数は増えていくことが予想されます。

また、日本では今、女性が社会で活躍できるような政策を打ち出しています。

働く女性が増えれば晩婚化がすすむことは目に見えていますし、働くことでストレスがたまってその結果不妊症になってしまう方もいるでしょう。

ただ、不妊治療をする患者数が増える一方で、治療の結果赤ちゃんを授かる方の人数も増えていくでしょう。

それは、日々医学が進歩していて、今は顕微授精が最も妊娠率の高い治療と言われていますが、この先顕微授精以上の治療が出てくるかもしれないからです。

医学が進歩することはもちろんすばらしいことですが、なぜ不妊治療の患者数がここまで増えているのか。

それは、晩婚化だけが理由ではありません。

日本の昔ながらの文化や風習を見直すことも、不妊症の患者数を減らす一歩と言えるのです。

便利な物や外国の食文化は、体に良いものばかりではありません。

不妊症で悩む方が年々減ることを願いたいものです。

看護師でも不妊治療を続けられますか?

不妊治療をしている方の中には、仕事と治療を両立している方がたくさんいます。

その中でも、看護師は夜勤などもあって多忙で、不妊治療に時間をかける余裕がない場合もあるでしょう。

そこで、どうすれば看護師であっても不妊治療と仕事を両立できるのか、実際の例も交えながらお話しします。

職場に不妊治療のことを話したほうがいいですか?

看護師という職業柄、一般の人よりかは不妊治療についての知識がある場合が多いです。

そのため、職場でも理解を得られることが多いので、まずは師長などの上司に話してみてはいかがでしょうか?

病棟の看護師の場合、治療のことについて話していないと日勤の後に通院したり、夜勤明けの休みを利用して通院したりということになります。

これでは、いくら体力に自信があっても体が保ちません。

不妊治療はステップアップするにつれて、休まなければならない日も増えるので、できれば話しておいたほうが両立しやすいと言えるでしょう。

自分が勤務している病院で治療することは良いですか?

もし、婦人科のある病院に勤めているなら、そこで治療をしてもよいと思います。

そうすれば通院する時間や手間も省けますし、治療費を給料から天引きにしてもらえたりもします。

ただ不妊治療はとてもプライバシーにかかわることなので、電子カルテで誰でもカルテを閲覧できるような病院であれば、少し考えた方がよいかもしれません。

しかしその一方で、自分で自分のカルテを見ることができるので、治療の経過がよくわかることが多いでしょう。

注射で通院する手間が省ける!

排卵誘発剤を打って卵胞を育てている方は、通常、婦人科に通わなければなりません。

しかし、看護師であればその注射を自己注射にすることができます。
注射はお尻に打つので、嫌でなければ同僚の看護師に打ってもらってもよいでしょう。

ただし、自己注射にすると通院するより費用はかかります。
通院する頻度を減らしたいのであれば、この方法はとてもおすすめです。

看護師ならではのメリットを生かして、不妊治療と仕事を上手く両立できるといいですね。

男性がEDでも不妊治療はできますか?

EDとは、いわゆる勃起障害のことです。

もう少し詳しく言うと勃起しなかったり、勃起はするけれど性交渉の途中で元に戻ってしまい、射精できないことです。

実は、EDに悩む男性は少なくありません。

射精できない以上、女性が妊娠することはできません。
そのため男性がEDである場合、様々な方法で治療をして射精が正常にできるようにします。

ではどのように治療するのでしょうか?

そもそも原因は何ですか?

男性は女性以上にナイーブな面をもっていて、EDも精神的なことが原因であることが多いです。

例えば、真面目で几帳面な方や自分に自信がない方は、EDになりやすいと言われています。

また、妻が不妊治療をしている場合、婦人科の先生から「この日に夫婦生活をもって下さい」と言われることがあります。

排卵日は月に1回しかないわけですから、当然夫にはプレッシャーがかかります。

何としてでも射精しなければと思うと、それがストレスとなって勃起しないのです。

もちろんプレッシャーを感じていてもEDにならない方もいますので、一概には言えませんが、いずれにしてもそういう性格が原因であるEDの方は多いです。

他の原因としては、高血圧や糖尿病などの生活習慣病が原因で動脈硬化になり、血管が詰まってしまってEDになる方もいます

EDになってしまったらどうすればいいの?

もし精神的なことが原因でのEDであれば、そのストレスとなっている問題が解決しなければ治りません。

排卵日を意識しすぎてしまう夫なら、排卵日だということを言わないようにするなど、妻の協力が必要です

動脈硬化が原因であるEDであれば、ED治療薬を服用したり、生活習慣病の治療も同時に行う必要があります。

EDが治らない場合、不妊治療はどうなるの?

EDが治らなくても、もしマスターベーションなら射精できるという場合は人工授精や体外授精などで妊娠することは可能です。

妻からしてみれば、自分には何も問題がないのに夫のせいでと思うかもしれません。

しかし、夫にとってはそう思われることが一番辛いのです。

夫の気持ちも考えて、一緒に治療するつもりで協力しましょう。